リフォームで快適LIFEの実現~中も外もミラクルチェンジ~

家族に優しい家

living room

高齢者社会である現在、住宅をバリアフリーにリフォームする人が増えています。福岡の業者でも、バリアフリーへのリフォーム依頼が年々増加してます。バリアフリーとは、住宅に障害物がないことです。段差をなくしたり手すりを付けることで、転倒防止などで安全に暮らせるのです。体が不自由な高齢者だけでなく、車椅子や松葉杖の人にも優しい住宅なのです。また小さいお子さんがいる場合でも、安心して子どもを伸び伸び住宅で遊ばせられます。住宅内のあらゆる場所をリフォームすることができ、細かい部分まで工事出来ます。玄関や部屋の間の段差を取り除いたり、フローリング加工で滑りにくい床にするなど様々です。手すりを階段やトイレ、お風呂場など細かい部分に取り付けることも可能で、便器も和式から洋式が今では主流となってます。長く快適に暮らすためにも、バリアフリーのリフォームは家族みんなへの優しさが詰まっているのです。

福岡は九州地方ですが、冬は気温がぐんと下がり寒くなります。冬の寒さは住宅の中にいても感じられ、快適に過ごすことに支障をもたらします。特にお風呂場は水を使うので、冷えやすく温まるまで時間がかかります。快適にお風呂に入れるようにするためには、バリアフリーリフォームすると良いでしょう。段差をなくすだけがリフォームではなく、床に断熱素材を使うこといで冷えを凌ぎ暖かさを保つことが出来ます。寒さをシャットアウトするので、暖かくお風呂に入れます。それにプラスで手すりをつければ、お年寄りにも優しいお風呂場へ変えられます。バリアフリーリフォームは、補助金制度が適用されるので費用を抑えることが出来ます。バリアフリーする際には、事前に補助金について調べておくと良いでしょう。